講座詳細

BASIピラティス養成コース生・卒業生対象 悩みや不安を解消する為の特別ワークショップ

日時:
2018年12月17日(月)9:00~12:00
講師:
Mano

BASIピラティスのMat or Machine養成コースに参加して、Teachingを始めたけど・・・
私の指導の仕方は合ってる?!
エクササイズはどのようにに選んだら良いの?
道具の使い方やモディフィケーションのやり方がいまいち分からない・・・
クライアントに伝えたい事がうまく伝わっていない気がする・・・
等々、多くのコース生が抱える悩みや不安を解消する為のアフターコースを新設しました!

 

 

Final試験を卒業してエバを迎える人、エバを合格してTeachingを始めた全てのコース生、卒業生が対象です!
以下の3つのトピックで行います。1つのみの受講も全ての受講も可能です。

 

12/17(月)9:00-12:00 BMS1にて①「アシストとモディフィケーションの活用」をManoが担当します。
スタディガイドの復習と更にコースの内容を掘り下げて実践的に学びます。Teachingする事がもっともっと楽しくなります!!

 

 

①「アシストとモディフィケーションの活用」
エクササイズの目的を見直し、多様なクライアントの問題に対応できるための様々なケーススタディを通して効果的なアシストの活用、モディフィケーションの考え方を学び、自分で考えられる力を身につけます。

 

②「クライアントに適したプログラム設定」※2019年1月開講予定
プログラム作りの原則を復習し、ブロックシステムの活用方法、そして少しずつ難しいエクササイズに漸進していく方法、プログラムのFlowの仕方やバランスの良いセッションの組み立て方を学び、クライアントに適したプログラムを理由づけて組み立てられるようにします。

 

③「効果的なキューイング」※2019年2月開講予定
3つのキューイング(ヴァーバル、ヴィジュアル、タクタイル)のそれぞれの特徴と効果を復習し、実践練習を通してクライアントの動きから瞬時に使い分ける力を養います。

日程

Mano

Certified Instructor Comprehensive /Faculty

奈良県出身、神奈川県育ち。
兄が2人の3人兄妹。

幼少の頃よりクラシックバレエを始める。
バレエダンサーとしての専門性、バレエ理論を習得する為、京都バレエ専門学校高等科、昭和音楽芸術学院バレエ科、昭和音楽短期大学生涯学習バレエ特別クラスに入学。
卒業後、谷桃子バレエ団に入団。
その後、体力強化、維持の為にピラティスを始める。ピラティスの動きの繊細さに魅了され、養成コースに参加。

2008年 BASI Mat Instructor 取得
2009年 BASI Comprehensive Certification取得
2012年 Leah Stewartによる産前、産後のピラティス講師トレーニングコース修了。
Tracey MallettのBootybarre Plus Flex&Flow Certification取得。
2015年NSCA-CPT資格取得。
またPilatesのMaster TeacherであるPat Guyton,Deborah Lessenのワークショップに積極的に参加。
更にBASI創設者であるRael Isacowitzを始め、Jennifer Reigle、Leah Stewart、Amit Younger、Brandon Douglas Gamble、Sheri Long、Myriam Kane、Theo VanderRiet


Member Login