クラス受講から一歩先に -学びが深まる講座/資格の総合サイト-

講座詳細

〈早割★10日前まで〉BASIプリンシパルファカルティ・ナターシャ来日!

日時:
関東エリア:5月21日,26日,27日 名古屋:6月3日 関西エリア:6月3日,8日,9日
講師:
Natascha Eyber(ナターシャ・アイバー)

Natascha Eyber(ナターシャ・アイバー)

2003年にラエル・イサコウィッツの指導のもと、ドイツ、オーストリア、スイス、スカンジナビアのBASI®ピラティスのライセンスを持っています。彼女は2006年にBASI®ファカルティに加わり、2019年にはプリンシパルファカルティとしての権利を得ました。バレエダンサーおよび指導者としてのキャリアを経て、プロダンサーのトレーニングに幅広い経験を持っています。また、国際的なミュージカル、イベント、オペラなどの演出家、振付家としても活躍しました。さらに、クォン師範のもとで空手の柔術2段を取得しています。 
 

ワークショップ概要 

現在表示価格早割2,000円OFFです。開催日の10日前まで適用!早割過ぎると金額が定価になります。

【誰でも参加OK👌】

①Discovering and maximizing Spinal Extension 

バックエクステンションの発見と最大化 #マット&マシン

”優れたピラティスセッションのカギは脊柱伸展にあり”
日常生活で意識しない脊柱伸展の動きを学びましょう!
実は、運動やスポーツしていてもその多くが体幹の屈曲ばかりで、伸展の意識が少なく、
体幹のアンバランスに繋がっています。
ピラティスは、他のワークにはない伸展の動きも行うことができ、
その動きがアンバランスから引き起こる背中の問題や頭痛などに効果的に働きます。
このワークショップでは、脊柱伸展筋のメカニズムをしっかり学び、
『背中がどのように機能的強化ができるのか』
『脊柱伸展時に運動連鎖がそのように働くのか』
『頭部の正しいポジショニングの重要性』を実践的なエクササイズを通して分析します。
 

【下記3つは、指導者向け💡】 

②Every Body is different, no Body is perfect! 

身体は人それぞれ、完璧な身体はない!

#マット&マシン #コース中の方も参加OK

身体障害を持つ人は、日常生活を管理し、日常生活を営む上で、より大きな困難に直面しています。障害そのものだけでなく、後遺症や長期的なダメージのリスクもある。例えば、車椅子に依存する人は、そのようなリスクを軽減するための積極的な対策を講じない限り、時間の経過とともに深刻な肩の問題を発症する可能性が特に高くなります。 

ナターシャは、クライアントとの豊富な経験から、ピラティスがこのような問題に対処し、健康状態を改善する上で、いかに重要な役割を果たすことができるかを示します。参加者は、実体験と実践的な例を通して、障害のある人に対するピラティストレーニングの潜在的な利点について理解を深めることができます。ワークショップでは、ビデオクリップとインタラクティブなディスカッションを行い、効果的な解決策を探り、障がいの影響を受けている人々に力を与えるプラットフォームを提供します。

③Advanced mat class with exercises from the beginner’s level 

初級エクササイズを用いた上級レベルのマットクラス  #コース中の方も参加OK

マットクラスの指導は、特に1つのグループに様々なレベルの人がいる場合、時にとても難しくなることがあります。上級者の指導を甘くしたくないと同時に、初心者のクライアントに高度すぎる内容を教えるリスクを負わせたくありません。 

このワークショップでは、初級レベルのエクササイズにモディフィケーションを加え、アームワーク、レッグワーク、バランスなどのレパートリーを増やし、BASIブロックシステム®とフローの原理を使って筋持久力に挑戦することで、上級レベルのマットクラスを教える方法を学びます。 

④The Art of Cueing  #コース中の方も参加OK

このワークショップでは、ピラティスを教える上で最も基本的なスキルの一つである「キューイング」に焦点を当てます。先生と生徒のコミュニケーションの基本であるキューイングは、非常に高度な技術が要求されます。優れたキューイングは、熟練したティーチングセッションには欠かせません。 このエキサイティングで詳細なワークショップでは、教師と生徒の間の様々なコミュニケーションラインに焦点を当てます。参加者は、効果的なコミュニケーションと成功する指導のために必要な指導スキルを高める一連のキューイング演習とドリルに参加します。それぞれのキューイングエクササイズは、口頭、触覚、視覚的なキューイングスキルを向上させることで、ワークショップ参加者がクライアントとより良いコミュニケーションをとる方法を学びます。 ​

日程

Natascha Eyber(ナターシャ・アイバー)

2003年にラエル・イサコウィッツの指導のもと、BASI®の認定を受けたナターシャ・アイバーは、ドイツ、オーストリア、スイス、スカンジナビアのBASI®ピラティスのライセンスを持っています。彼女は2006年にBASI®ファカルティに加わり、2019年にはプリンシパルファカルティとしての権利を得ました。 

  

ナターシャは、バレエダンサーおよび指導者としてのキャリアを経て、プロダンサーのトレーニングに幅広い経験を持っています。また、国際的なミュージカル、イベント、オペラなどの演出家、振付家としても活躍しました。さらに、クォン師範のもとで空手の柔術2段を取得しています。  

  

2002年からは教育にも力を入れてきました。2009年までザルツブルグのSEADコンテンポラリーダンススクールの教員としてバレエを教え、生徒を指導していました。同時に、外部のクライアントにピラティスのメソッドを指導していました。2009年には、ドイツ、オーストリア、スイス、スカンジナビアのBASI®ピラティスの本部となるピラティスハウスをミュンヘンに設立しました。ラエルのもとで集中的に学び、彼のレガシープログラムを修了したほか、カレン・クリッピンジャー、アラン・ハードマン、デボラ・レッセン、アンドリー・ヴリーミングなど、国際的な教師や教授に師事しています。ピラティスを教える上での彼女の主な情熱は、クライアントのバイオメカニクスを改善し、機能的な動きを実現することです。 

Member Login

  • パスワードをお忘れの方はこちら
  • 初めての方はこちら

  • ※スマートフォンのデバイスによって入力できない場合があります。その際は、パソコンから入力をお願いします。
    お問い合わせ先:info_bms@zenplace.co.jpまでご連絡ください。