講座詳細

最高の美肌と快眠を作るセルフチネイザン

  • セルフケア
  • ワークショップ
  • セルフケア講座

大人女子のセルフケア内蔵マッサージ法とアロマケア

日時:
2019年2月23日(土) 13:30~16:30
講師:
Yuki

~チネイザンで身体も心も綺麗になるセルフケアを学ぶシリーズ~

【講座の目的】

自律神経の乱れで失われがちな質の良い睡眠を引き出すために、就寝前のオススメする行動や食についてお話と
内臓ほぐしのマッサージ「チネイザン」をご自身で行い溜まった悪い思いも一緒に快便に導くケアを取り入れて、内側からキレイになるケア法を学んで頂きます。

【対象】

・どなたでもご参加可能です。
・睡眠が浅い。朝起きてもすっきりしない。
・日常に起こるストレスの流し方をお探しの方
・ニキビなど肌トラブルを内側から治したい方
・チネイザン またはセルフケアに興味のある方


【 このワークショップでは】

美肌=快眠(睡眠)は切っても切り離せない関係にあります。
同様に、
ブス肌=睡眠不足も切っても切り離せない関係です。


なぜなら、最高の美容液は体内から生まれているからです。

そして、その美容液は夜寝ている間に、
内臓から作られています。

恋しているときに、女性が綺麗に見えるのは、
実は、気のせいではなく、医学的にも証明されています。

恋しているときは、
エストロゲンの分泌が盛んになります。

人間が、動物たる本能を残しているが所以のことですよね。

女性は、普段よりも、肌がきれいになり、
胸がふくよかになり、くびれが生まれ、
声まで可愛くなって、
そんな女性らしさを磨いてくれるのがこの、
エストロゲンという女性ホルモンです。


では、恋しているときではないと分泌されないのか?

いえ、そうではなくて、
「美肌ホルモン=エストロゲン」は、
排卵期にも多く分泌されます。


逆に、分泌が過少になってしまうのは、

①睡眠不足

②ストレス

③食生活の乱れ


この3つの要素によるものが大きいです。
そこで、今回のセルフチネイザンでは、

快眠を導く、
「心(しん)の反射区」を和らげ
「頭蓋骨」の疲れをほぐし、
成長ホルモンが多く分泌される

22時~2時までに眠りにつける習慣を身に着けるとともに
美肌を作る「卵巣マッサージ」を、
女性ホルモンの分泌を促し
快眠に導いてくれるアロマの香の力を使いながら、
学んでいく、

そんな美肌と快眠のセルフチネイザンの講座を、
開催したいと思います。
 

■受講費
¥8000 オリジナルテキストとアロマオイル付き

 

日程

Yuki

Yuki 
たまよろ庵主宰 内臓美人育成塾長/一般法人 内臓マッサージ協会 代表理事

早稲田大学政治経済学部卒業
外資系コンサルティング、外国州政府機関、PR代理店、中米大使館、大手IT通信企業などに勤めながら自分が本当にやりたいことを探し、自分自身を模索する中で、世界を旅する。
世界中の伝統療法を学び、チネイザンをベースにヨーガ、マクロビオティック、タイ式マッサージ、カウンセリング、経絡法、タオ指圧、アロマテラピー等を融合させたオリジナルのセルフチネイザンを開発。
日本全国を廻る中でパートナーと出逢い、2015年11月念願の第一子誕生。
妊娠・出産を通じて、より女性の体への意識が高まり、赤ちゃんとママのセルフケア法を、新しいプログラムとして開発している。
2013年「一瞬でミラクル体質になる方法」
2014年「キレイを呼ぶ氣内臓デトックスマッサージ」を出版。 一般社団法人内臓マッサージ協会にて、セルフチネイザンの普及に励む。
現在 新書執筆中 6月発売予定
たまよろ庵 ホームページ:http://www.tamayoro.com


Member Login