講座詳細

ヨギーのためのコアムーブメント解剖学講座 2days 【11/15まで早期割】

  • ヨガ
  • 解剖学
  • スキルアップ
  • ヨガワークショップ
  • 動作の座学
  • 身体操作(フェルデン・アレクサンダー等)
  • 指導者スキルアップ
  • 一般向け講座
  • ヨガワークス

ケガをしないための関節の安定性と柔軟性の両立

日時:
2018年12月11日(火)18日(火)各:13:00~18:00(休憩含む
講師:
扇谷孝太郎 Kotaro Ogiya

しなやかで強い身体を目指すヨギーやダンサーにオススメの解剖学講座

 

コアとインナーマッスルが目覚めると動きの質は劇的に変わります。インナーマッスルは関節に密着していて、アウターマッスルよりも先に動いて関節を保護し、コアの安定性と柔軟性を生み出します。このメカニズムを理解して実践することは、ヨガの動きを深める上でとても重要です。 

 

本講座では、ヨガワークスインストラクタートレーニングマニュアルにも載っていない部分であるインナーマッスルにフォーカスさせた、より掘り下げたコアムーブメントをロルフィングのムーブメントプラクティショナーから学びます。トレーニング終了後のスキルアップ解剖学です。 

 

6月に来日したヨガワークス講師 リズ・テリーも資格習得中の身体の使い方であるロルフィング。 

 

呼吸・感覚・イメージにフォーカスすることで、ふつうの筋トレでは得られないパフォーマンスと安全性の向上につなげていきます。 

 

ヨギー、プロダンサー、身体の使い方に興味のある方におすすめの内容を10時間にまとめ、2日に分けて勉強します。 

 

【 講座の主な内容 】 

・故障しないための筋肉の使い分け(動作筋と安定化筋) 
・インナーマッスルの紹介(体幹、上肢、下肢) 
・インナーマッスルの連動による柔軟性の向上 
・背骨のS字カーブの保ち方と安定性/柔軟性の関係 
・柔軟性が向上する呼吸法と硬くなる呼吸法の違い 
・骨盤の整え方 
・手・足の整え方 

 

【受講料】 

一般参加費 29000円  

ヨガワークストレーニング卒業生 26000円  

11/15までの早期割 26000円 (11月15日中にお支払いでの早期割引適用となります。)

 

 

【ロルフィングとは】 

 

ロルフィング(R)(=Rolfing(R)・StructuralIntegration)はアメリカの生化学者アイダ・P・ロルフ博士によって開発された身体の再教育プログラムです。 

姿勢や動きを重力に調和させ、人間の持つ潜在的な可能性を引き出すことを目的としています。 

全身の筋肉や骨、内臓などをつなぐ「筋膜」と呼ばれる組織に、独特の手技によって働きか 

け、それらが本来あるべき位置と状態に戻していきます。 

同時に、ロルフムーブメントと呼ばれるエクササイズを通して身体の動きと感覚への気づきを深め、ケガや不調の原因となる基本動作の偏りを修正します。 

単に痛みや不調を解消するのではなく、そのプロセス全体を通じて、自己成長のためのツールとしての「身体と対話する力」を育てていきます。 

その結果として、不調の改善だけでなく、スポーツやダンス、ヨガ、武術、歌唱などのパフォーマンスの向上に役立ちます。 

日程

    • 日程
    • タイトル
    • 場所
    • 時間
    • 持ち物
    • 料金
    • 2018年12月11日(火)
    • ヨギーの為のコアムーブメント解剖学 一般参加費 【11/15まで早期割】
    • BMS R Lab 2 新設スタジオ
    • 13:00〜18:00
    • 筆記用具、動きやすい服装、水分補給の飲み物
    • 26000円(税込)
    • 2018年12月11日(火)
    • ヨギーの為のコアムーブメント解剖学 ヨガワークストレーニング卒業生
    • BMS R Lab 2 新設スタジオ
    • 13:00〜18:00
    • 筆記用具、動きやすい服装、水分補給の飲み物
    • 26000円(税込)
    • 2018年12月11日(火)
    • ヨギーの為のコアムーブメント解剖学 10月末までの早割
    • BMS R Lab 2 新設スタジオ
    • 13:00〜18:00
    • 筆記用具、動きやすい服装、水分補給の飲み物
    • 26000円(税込)
扇谷孝太郎 Kotaro Ogiya

1995年 演出家竹内敏晴氏の主宰する「からだとことばのレッスン」に参加をきっかけに「からだ」を出発点にしたコミュニケーションや舞台表現について学い始める。 

1998年 公認ロルファー田畑浩良氏のセッションを受けわずか10回のセッションでからだが別人のように自由になったことを実感。以後、ロルファーをめざす。 

2001年 公務員退職後、ロルフィングトレーニングを開始。 

 

多くのヨギーやダンサーの故障や柔軟性の向上に関する相談に応えてきた経験をもとに、ロルフィングをベースにした解剖学講座など、身体をテーマにしたワークショップを多数開催。年間50講座以上のワークショップで講師を務める。 

 

現在、恵比寿のワークルームにて個人セッションを提供中。身体の構造的パターンを改善するロルフィングに加え、優しく繊細なタッチで微細な自律運動に働きかけるクラニオセイクラルワークや、眠っている知覚を活性化しより効率のよい動きを追求するロルフムーブメント、身体からのアプローチでトラウマを解放するソマティック・エクスペリエンシングなどのセッションが受けられる。 

 

・米国The Rolf Institute認定アドバンストロルファー 

・米国The Rolf Institute認定ロルフムーブメントプラクティショナー 

・クラニオセイクラルプラクティショナー 

・ソマティック・エクスペリエンシング(R)認定プラクティショナー 

 

扇谷孝太郎HP http://www.rolfing-jp.com/ 


Member Login

  • 初めての方はこちら