クラス受講から一歩先に -学びが深まる講座/資格の総合サイト-

講座詳細

アーカイブ販売)ファシア(fascia)の構造から導く頭頸部へのアプローチ」~ファシアシリーズ第1弾!全6回~

  • 解剖学

日時:
2024年2月23日(金祝)19:30-21:30
講師:
永木和載

2/29までアーカイブ・追加受付します。アーカイブ視聴期限3/10
近年、医療のみならずスポーツ、美容等様々な分野で注目を集めている「ファシア(fascia)」。インストラクター界隈でも少しずつ広がりをみせており、その名を一度は耳にしたという方も多いのではないかと思います。
enlightenedそもそもファシアって?
→https://yotsu-doctor.zenplace.co.jp/media/treatment_list/511/

クライアントにストレッチをする際、

・からだの柔軟性が低くて理想的な体勢が取れない!
・柔軟性が高くて十分な伸張感を感じてもらえない!
などの悩みを経験したことはないでしょうか?
 
・・・実は、関節周辺のファシアや関節の可動性に関与する複数の筋膜(Myofascia)の繋がりを理解することによってストレッチの指導の幅が広がり、指導中の様々な悩みに対応することができるようになります!
 
この事実をエデュケーターの皆様にお伝えしたく、この度のシリーズを企画しました
<こんな方におすすめ!>
・ストレッチの指導内容がいつも同じになってしまう方
・ストレッチ指導中のクライアントからの質問に的確に回答したい方
・臨機応変に対応することが苦手な方

是非今回のシリーズを受講いただきたいです。

初回は「頭頸部」
【概要】
当日は以下の内容をご紹介する予定です。
  1. ファシアとは何か
  2. 頸部のファシアと筋膜の連結
  3. 頭頚部の関節運動の特徴
  4. 頭頚部の関節運動とファシアとの関係
  5. 頭頚部の末梢神経とファシアとの関係
  6. ファシアの構造から考える頭頚部のストレッチング
  7. 筋膜の繋がりから考える頭頚部のストレッチング

<対象>資格は問いません。
インストラクター、パーソナルトレーナー、医療従事者、運動指導者など。

<参加方法>
① オンライン:Zoomのログイン情報をメールにてご案内します。事前登録をお願いします。
※ 開催日の昼頃までにメールが届いていない場合はinfo_bms@zenplace.co.jp までご連絡ください。
スタジオ参加
会場:ZPA・1  zen place academy 五反田セミナールーム 1 
東京都品川区西五反田1-25-1 KANOビル5F 
※ 締切:2024/2/22(木)
※「開催日」に2/22と表示されますが、ワークショップの開催日は2/23です。システムの都合上わかりにくく申し訳ございません、ご了承下さい 。
アーカイブ配信あり(10日間 視聴可)。アーカイブはお申込みいただいた方全員に配信させていただきます、動画のみの参加もOK!当日の欠席連絡は不要です。

<受講料>9,000円(早割:8,000円)
早割2/12(月)までにお申込み・受講料のお支払いをお願いします。
※ クレジット決済のみ適用、振込の場合は対象外とさせていただきます。予めご了承下さい。
※ 8,000円振込していただいた場合は、早割適用にはなりません、また返金はできませんのでご了承ください。別ワークショップへの振替受講をご案内させていただきます。
6回セット:48,000円(1回8,000円)締切:2/23(金)
セットでのお申込みの方は、基本オンライン参加で承りますが、スタジオ参加も可能です。ご希望の場合は、各講座の前日までにメールにて承ります。info_bms@zenplace.co.jp

【今後の開催予定】
第1回 2月23日 頸部編  
第2回 3月29日 肩関節編 
第3回 4月26日 腰部編  
第4回 5月24日 股関節編 
第5回 6月14日 膝関節編 
第6回 7月19日 足関節編 

このワークショップについての質問はこちらまで:info_bms@zenplace.co.jp

現在ご予約可能なワークショップがありません

日程

    • 日程
    • タイトル
    • 場所
    • 時間
    • 持ち物
    • 料金(税込)
永木和載

株式会社リライト 代表取締役/理学療法士

2005年3月、四條畷学園短期大学(現在、「四條畷学園大学」)リハビリテーション学部 理学療法学科卒業。同年4月、理学療法士免許取得。病院にて回復期、慢性期医療における高齢者へのリハビリテーションを経験。2008年より訪問看護ステーションに勤務、在宅生活を支援する訪問リハビリ業務を経験、在宅医療における医療介護連携の重要性を学ぶ。
2011年より、医療専門家を対象とした講演活動を開始。その後、医療専門家のみならず、一般の方や運動指導に携わる専門家を対象とした講演も多数経験する。現在は、講演活動に加え、理学療法士の専門性を活かして複数の企業と連携し、健康商品(寝具、フットケアアイテム等)の監修・開発支援、超音波画像観察装置の普及を目的とした教材開発支援、太極拳のプログラム監修等を行っている。

HP:http://nagaki.online/

ブログ 「からだのホント?.com」
URL:http://karadano-honto.hateblo.jp/about

Member Login

  • パスワードをお忘れの方はこちら
  • 初めての方はこちら

  • ※スマートフォンのデバイスによって入力できない場合があります。その際は、パソコンから入力をお願いします。
    お問い合わせ先:info_bms@zenplace.co.jpまでご連絡ください。