講座詳細

現場に役立つ医療知識シリーズ全6回 

  • ヨガ
  • 指導者向け
  • 解剖学
  • ワークショップ
  • 医療従事者向け
  • 医学関連

日時:
金曜・19:30〜21:30
講師:
永木和載

好評の永木先生の新シリーズです。

日時:金曜 19:30~21:30

第1回(9月28日)「ストレッチの原理と活用法」
第2回(10月26日)「姿勢評価の考え方と進め方」
第3回(11月23日)「生活習慣病の病態と対処法」
第4回(12月21日) 「人工関節の原理と術後ケア」
第5回(H31年2月1日) 「靴の役割とシューフィッテイング」(1/25から2/1へ変更になりました。)
第6回(H31年2月22日) 「枕の役割とポジショニング」
 
第1回「ストレッチの原理と活用法」
 「医学的に正しい、ストレッチの在り方」について学びます。
 ストレッチを基礎から学びたい方、技術のバリエーションを増やしたい方お勧めです。
 ◆なぜ、開脚にこだわるのか?
 ◆ストレッチ指導の盲点
 ◆ストレッチの原理と活用法
 ◆エコーで学ぶ、ストレッチ
 ◆坐骨神経痛に対するストレッチ
 
第2回「姿勢評価の考え方と進め方」
「症状がある方の姿勢評価の在り方」について学びます。姿勢評価を基礎から学びたい方、症状の原因のひも解き方を学びたい方にお勧めです。
 ◆良姿勢と不良姿勢の違い
 ◆静止状態での姿勢評価の限界
 ◆動的検査における姿勢評価
 ◆慢性頸部痛における姿勢評価のポイント
 ◆慢性腰部痛における姿勢評価のポイント
 
第3回「生活習慣病の病態と対処法」
「生活習慣病がある方への対処法(食事、運動指導等)」について学びます。生活習慣病そのものの理解を深めたい方、指導の在り方について深く学びたい方にお勧めです。
 ◆生活習慣病とは
 ◆生活習慣病と総死亡リスクとの関係
 ◆座り過ぎ症候群の存在
 ◆糖尿病患者に対する指導(予防、改善法)のポイント
 ◆メタボ患者に対する指導(予防、改善法)のポイント
 
第4回「人工関節の原理と術後ケア」
「人工関節の手術歴がある方に対する術後ケア」について学びます。
人工関節に関する知見を学びたい方、術後ケアのポイントを学びたい方にお勧めです。
 ◆人工関節のUPDATE(膝関節)
 ◆人工関節のUPDATE(股関節)
 ◆人工関節の術後ケアのポイント
 ◆膝人工関節患者に対する術後ケアのポイント
 ◆股人工関節患者に対する術後ケアのポイント
 
第5回(H31年1月25日) 「靴の役割とシューフィッテイング」
「靴と構造と役割、シューフィッティング」について学びます。
足と靴を包括的に学びたい方、靴選びのポイントを学びたい方にお勧めです。
 ◆足の構造と機能からみる靴の役割
 ◆靴の構造と靴市場の実情(老舗靴工場スタッフからの声)
 ◆足に良い靴、良くない靴
 ◆子供から、大人まで。シューフィッティングのポイント
 ◆外反母趾患者に対する靴選び
 
第6回「枕の役割とポジショニング」
「枕と症状、睡眠との関係、ポジショニング」について学びます。
頸部痛や睡眠障害にお悩みの方、枕選びのポイントを学びたい方にお勧めです。
 ◆首の構造と機能からみる枕の役割
 ◆睡眠負債と枕との関係
 ◆首に良い枕、良くない枕
 ◆子供から、大人まで。枕選びのポイント
 ◆急性頸部痛(寝違い)に対する枕選びとポジショニング
 
・枕の重要性と様々な症状との関係性(睡眠、肩こり・頭痛、いびき)
・最適な枕の選び、配置について
 
参考)永木先生の
「図解入門よくわかる 腰・腰椎の動きとしくみ」が発売されました。

日程

永木和載
株式会社リライト 代表取締役/理学療法士

2005年3月、四條畷学園短期大学(現在、「四條畷学園大学」)リハビリテーション学部 理学療法学科卒業。同年4月、理学療法士免許取得。病院にて回復期、慢性期医療における高齢者へのリハビリテーションを経験。2008年より訪問看護ステーションに勤務、在宅生活を支援する訪問リハビリ業務を経験、在宅医療における医療介護連携の重要性を学ぶ。
2011年より、医療専門家を対象とした講演活動を開始。その後、医療専門家のみならず、一般の方や運動指導に携わる専門家を対象とした講演も多数経験する。現在は、講演活動に加え、理学療法士の専門性を活かして複数の企業と連携し、健康商品(寝具、フットケアアイテム等)の監修・開発支援、超音波画像観察装置の普及を目的とした教材開発支援、太極拳のプログラム監修等を行っている。

HP:http://nagaki.online/(開設準備中)

ブログ 「からだのホント?.com」
URL:http://karadano-honto.hateblo.jp/about

Member Login

  • 初めての方はこちら