講座詳細

トラベルレッスン✈️✈️ ピラティス

いつもと違うラインナップ インドネシア ニュージーランド 南アフリカ ドイツ 日本からも!!

日時:
2021年8月13日~22日
講師:
Natascha Eyber(ナターシャ・アイバー)
Mira Hassan(ミラ・ハッサン)
Simone Wagenaar(シモーン・ワゲナー)
Inge Pretorius(インガ・プレトリウス) 
Michiyo

今回開催されるオンラインレッスンの特色は、なんといっても充実した講師陣。世界中で活躍する 人気有名講師から、レッスンを受けることができる。自宅で スタジオで みんなで繋がって レッスンを行いましょう!

 

yes カリキュラム

   各日  通訳あり   1時間レッスン

 

yes こんな方におススメ!

 流派問わず 資格については不問 

・ピラティス(流派問わず)養成生、卒業生・初心者の方もOK ぜひチャレンジください

 


yes スケジュール   

●8/14(土) 18:00〜 Inge (南アフリカ)  初中級

【BASI Flow】

最近は回旋動作を多く使うクラスがすごく好きなんだそうです。RotationalなSpirallyなクラスがきっと受けられます!お楽しみに~

 

●8/15(日) 10:00〜 Mira (インドネシア) スタンディング ★日本向けオリジナル

【Standing to Floor Flow Matwork】 

ピラティスのエクササイズを足で立つことから始め、マットワークに移り、またスタンディングへと進めていきます。マシンとマットワークを組み合わせたBASIエクササイズを立った状態に再振付していきます。バランスとプロプリオセプション(固有受容感覚)を探求し、コーディネーションを向上させるのに最適な方法です。足の内在筋を使ってグラウンディングの感覚を見つけ、それを足や上半身につなげていきます。すべてがシンクロニシティで機能します。このクラスは、BASIの原則を尊重して、1つの流れるようなシークエンスで振り付けられています。 

 

●8/18(水) 19:00〜 Natascha (ドイツ)  中上級

【Intermediate-Advanced BASI Flow 】

ナターシャのマットクラスは、ラエル・イサコウィッツの影響を強く受けており、彼女が18年間彼から学んだことを反映しています。このクラスではBASIの典型的なFlowに沿ったアスレチックなアプローチで、ピラティスの原理を深く掘り下げて適用し、健全な身体と心を体験していきます。 

BASI Japanにご招待いただき、マットクラスを皆さんと共有できることを大変誇りに、そして光栄に思います!一緒に喜び、楽しみ、呼吸し、汗をかく1時間を楽しみにしています。マットの上でお会いしましょう!!! 

 

●8/21(土) 9:00〜 Simone (ニュージーランド) 初中級

【Mat Work for Healthy Hips】

 レッスン内容 coming soon

 

●8/22(日) 16:30〜 Michiyo (日本) オールレベル どなたでも! 

【Back to Basic】

 基本に戻ろう !旅の終わりに自分の家に戻るように、最後は自分の心と体に戻って、明日からの新たな冒険の旅に備えましょう。 じっくり、ゆっくり、でもしっかりと動いていきます。

ぜひ夏の終わりに、周りの空間を感じたり、自分の骨を感じたりしながら、「私」と出会う時間を共にしましょう。


enlightened 受講料  

・受講料 2000円(税込)      

enlightened 準備物

 手足が広げられるスペース ピラティスマット

enlightenedオンライン参加の皆様へ

こちらのサイトからお申し込みの方は

締め切り講座開始前日16時。Zoomのログイン情報は前日の16時ごろに一斉メールにて配信いたします。前日18時までにZoomのログイン情報を受信できていない場合はinfo_bms@zenplace.co.jpまでご連絡ください。

 (※)zoomをはじめてご利用される会員様は、予 めzoomのダウンロードが必要です 


 

enlightenedセットアップのご案内

・ パソコンでのご参加を推奨いたしますが、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からご参加もいただけます。
・接続に不安のある方は、事前にこちらから接続確認いただけます。

※ 開催時間の30分前からログインできます、多くの方がご受講いただきますので、開始間際になると込み合う可能性があります。早めにログインをお願いします。必ず開始10分前までにはログインしていただけますようお願い申し上げます。

 


mailこのワークショップについての質問はこちらまで

問合せ先:info_bms@zenplace.co.jp

日程

    • 日程
    • タイトル
    • 場所
    • 時間
    • 持ち物
    • 料金
    • 2021年08月14日(土)
    • Inge Pretorius (インガ・プレトリウス)  初中級
    • On Line
    • 18:00〜19:00
    • 2000円(税込)
    • 2021年08月15日(日)
    • Mira Hassan (ミラ・ハッサン)スタンディング
    • On Line
    • 10:00〜11:00
    • 2000円(税込)
    • 2021年08月18日(水)
    • Natascha Eyber(ナターシャ・アイバー) 中上級
    • On Line
    • 19:00〜20:00
    • 2000円(税込)
    • 2021年08月21日(土)
    • Simone Wagenaar(シモーン ワグナー) 初中級
    • On Line
    • 09:00〜10:00
    • 2000円(税込)
    • 2021年08月22日(日)
    • Micihyo オールレベル
    • On Line
    • 16:30〜17:30
    • 2000円(税込)
Natascha Eyber(ナターシャ・アイバー)

2003年にラエル・イサコウィッツの指導のもと、BASI®の認定を受けたナターシャ・アイバーは、ドイツ、オーストリア、スイス、スカンジナビアのBASI®ピラティスのライセンスを持っています。彼女は2006年にBASI®ファカルティに加わり、2019年にはプリンシパルファカルティとしての権利を得ました。 

  

ナターシャは、バレエダンサーおよび指導者としてのキャリアを経て、プロダンサーのトレーニングに幅広い経験を持っています。また、国際的なミュージカル、イベント、オペラなどの演出家、振付家としても活躍しました。さらに、クォン師範のもとで空手の柔術2段を取得しています。  

  

2002年からは教育にも力を入れてきました。2009年までザルツブルグのSEADコンテンポラリーダンススクールの教員としてバレエを教え、生徒を指導していました。同時に、外部のクライアントにピラティスのメソッドを指導していました。2009年には、ドイツ、オーストリア、スイス、スカンジナビアのBASI®ピラティスの本部となるピラティスハウスをミュンヘンに設立しました。ラエルのもとで集中的に学び、彼のレガシープログラムを修了したほか、カレン・クリッピンジャー、アラン・ハードマン、デボラ・レッセン、アンドリー・ヴリーミングなど、国際的な教師や教授に師事しています。ピラティスを教える上での彼女の主な情熱は、クライアントのバイオメカニクスを改善し、機能的な動きを実現することです。 

Mira Hassan(ミラ・ハッサン)

ミラは2005年より世界中でピラティス界を牽引するティーチャーたちから学んできました。ダンサーとして育ったミラはオーストラリア、メルボルンにあるVCAにてダンスの芸術学士号を取得。複数のピラティス認定証を保持します。2019年にはBASI Legacy Programの最終過程であるHonors Programを卒業。ティーチングキャリアはメルボルン(オーストラリア)で始まり、ロンドン(UK)、アムステルダム(オランダ)と移り、現在はジャカルタ(インドネシア)にてBASIのホストスタジオであるAalaya Pilatesを経営し、Assistant Facutyを務めています。 

 

パンデミック以後、ミラはピラティスへの情熱を2つのYouTubeチャンネルへと拡げていきました。 Aalaya Pilates (in Indonesian) and Flow with Mira (in English). 

Flow with Miraは人々がサステナブルな実践を構築できるよう、意味のある変化を自宅から感じられるように作りました。ポジティブな身体、ライフスタイルを探す手助けをしたいと思っています。 

月に一回、無料のコミュニティクラスFree Community Class を提供しており、世界中の指導者、生徒、ピラティス愛好家を惹きつけています。ミラのクラスは共感性があり、一人一人をフロー状態へと導く統合性に溢れています。 

https://www.instagram.com/flow.with.mira/?hl=ja

https://www.youtube.com/channel/UCxrJB59UeLWn_OHUfSkOpLA

Simone Wagenaar(シモーン・ワゲナー)

私は2007年にBASIピラティス・コンプリヘンシブ・プログラムを修了し、指導者としてのキャリアの基礎となる数年間を、プレトリアにあるスタジオで、Theo Botha(BASIピラティスのプリンシパルファカルティ、BASI南アフリカのディレクター)の下で過ごしました。2010年、私は夫と一緒にニュージーランドに移住しましたが、当時私はニュージーランドで唯一のBASI卒業生でした。 2018年1月にBASIファカルティに招待され、それ以来、ニュージーランドで数多くのBASIピラティスコースを教えてきました。  

私にとってのハイライトは、2019年にBASIピラティス韓国の生徒たちとBASIピラティスへの情熱を共有したこと、そして2020年のCOVID-19パンデミックの直前に、BASI日本ファミリーのメンバーと一緒にBASI本部でマスター1&2プログラムを修了したことです。  

今回、BASI Japanの美しいピラティスコミュニティを祝うムーブメントクラスで、私のBASIの情熱を共有する機会を得て、とても興奮しています。  

Inge Pretorius(インガ・プレトリウス) 

インガ・プレトリウスは、BASI®ピラティス・コンプリヘンシブ・インストラクターであり、BASI®ピラティス南アフリカおよびグローバルのファカルティでもあります。

インガは、ピラティスはライフスタイルであると考え、動きへの情熱、身体への理解、そして常に学び続ける意欲を統合しています。指導者およびスタジオオーナーとしての彼女のビジョンは、チーム、生徒、クライアントの動きを探求する情熱を育むことです。ムーブメント、ピラティスをライフスタイルとして。

Michiyo
2007年8月 BASI Comprehensive Pilates Teacher Training Certification
2014年〜 BASI Fuclty (養成コースの講師資格)

私がピラティスを始めたきっかけは、自分自身の身体の不調でした。40歳台後半になろうというある日、突然右股関節が動かなくなりました。それまでフィットネスクラブに勤務して、毎日身体を動かして指導していて、全く不調を感じる事はなかったのに、、、なぜ?とてもショックでした。。。

それで、今までとは違う事をやったほうが良さそうだと考えて、たどり着いたのが、ピラティスでした。15年以上大網に住んでいて、東京まで通うのは大変でしたが、ピラティスのプライベートセッションを受けに月2〜3回通いました。ピラティスを受けると身体が軽くなり、心もうきうきとスキップしたくなる気分でした。ずっとクライアントとして続けたい。と思っていたのですが、気がつけば日本の「BASI Pilatesインストラクター養成コース」の1期生になっていました。

その後、ご縁があって(株)ぜんに入社し、ピラティスインストラクター(WholeBody Educator)として銀座スタジオで働くことになりました。
10年以上社員としてピラティスに関わり、多くのクライアントさんとのプライベートセッション、グループセッションを経験させて頂きました。
80歳代のクライアントさんから、Jリーグの選手まで担当させて頂きました。

多数の海外講師から学ぶチャンスもいただきました。2012年以降は毎年2〜3回アメリカ、イギリスに渡り、ピラティスの本場でのカンファレンスやWSに参加してきました。特に2013年には2ヶ月間、休職してアメリカのBASI本部を始め、ニューヨーク、コロラドなどで複数のマスターティーチャーからたくさんの事を吸収する機会を持てた事は大きな転機でした。

帰国後には、BASIFucltyとして、日本での養成コースの講師を担当できるようになり、より多くの方にピラティスをお伝えできるようになりました。

今、60歳を過ぎて人生で一番身体が軽く動く事を実感しています。

今後も学びを深めながら、私と関わって下さる方にピラティスをお伝えできたらと思っています。


Member Login