講座詳細

機能解剖学に基づく慢性腰痛に対するピラティスアプローチ

  • スキルアップ
  • 指導者向け
  • ピラティス

日時:
2019/11/25(月)10:00~17:00
講師:
吉永 健太郎

慢性腰痛がどのようにして発生するのか?
原因とその対応、どのようなエクササイズを行って改善していくのか?を具体的にご紹介いたします。
 
近年、腰痛は姿勢や筋などの考え方だけではなく、姿勢を表現している脳や脳神経、感覚、筋を司っている末梢神経などに関する知識も重要となってきています。このような考え方も含めながら、身体の構造的・機能的な状態も評価し、どのようにアプローチしていくのかを一緒にエクササイズを行いながら学んで頂きます。

<スケジュール>
1)前半:座学(10:00~13:00)
  - 腰痛に関する基礎知識(発生機序)
2)休憩(13:00~14:00)
3)後半:実技(14:00~17:00)
     - 慢性腰痛に対するエクササイズ
※実技は基本マットエクササイズとなりますが、時間に余裕がある場合は
イクイップメントエクササイズの紹介を致します。
※なるべく時間通りに終了致しますが多少前後する可能性があることを予めご了承ください。

こんな方にオススメ!laugh
・慢性腰痛に関する理論
・慢性腰痛に対するアプローチの行い方を知りたい方
・クライアントの慢性腰痛の改善方法に迷われている方

blush対象者
・ピラティスインストラクター
・運動指導者、トレーナー
・医療従事者
※ 慢性腰痛へのアプローチ方法にご興味のある方にご参加いただけます。

持ち物enlightened
動きやすい服装、筆記用具、バスタオル1枚

<受講料> ワークショップ:税抜き価格13,000円→14,300円(税込)
<会場> BMS R Lab 1 
東京都品川区西五反田1-25-1 KANOビル5F JR五反田駅徒歩5分
mailこのワークショップについての質問はこちらまで:info_bms@zenplace.co.jp

日程

吉永 健太郎

<資 格>

・理学療法士

・鍼灸師

・アイディアルボディアカデミー認定 姿勢クリエイターR

・ネバダ州立大学公認DKピラティス マスタートレーナー

・DKPJ認定介護ピラティス マスタートレーナー

・CFSC (Certified Functional Strength Coach )LevelⅠ

・介護支援専門員

 

<プロフィール>

理学療法士免許取得後、整形外科クリニックや回復期リハビリテーション病院にて勤務し、痛みの治療を中心に様々な整形外科疾患・脳卒中後遺症・難病等のリハビリテーションに関わる。

その後、理学療法士養成専門学校にて教鞭をとり、教員をしている時にピラティスに興味を持つ。

ピラティスを深く学ぶ為にアーク株式会社に入社し、 Dolly Kelepeczの下でピラティスインストラクター資格を取得。 2014年にマスタートレーナーとなる。

現在は、ピラティス・手技療法・鍼灸治療を中心に痛みの根本改善や身体作りを一般の方からJリーガーをはじめとするトップアスリートまでに提供する傍ら、 ピラティスマスタートレーナーとして資格講座の開講、各種セミナー・ワークショップの講師を行っている。


Member Login