講座詳細

「マシン指導の最も重要なことを学ぶ4時間」

  • スキルアップ
  • 指導者スキルアップ
  • ピラティス
  • 養成コース生
  • 養成コースマシン卒業生

【限定10名】Michiyoの「ティーチング指導力アップ」のワークショップ

日時:
2019年12月1日(日)14:00~18:00
講師:
Michiyo

<内容>

マシンプライベート指導のティーチングとプログラミングの組み立て方を学びます。限定10名

smileyこんな方におススメ!
・マシンをとってもうまくPVをとれていない方
・現在の指導方法の方向性であっているか?不安な方
・あらゆるクライアントに対応できる指導力の底上げをしたい方
・ペアワークを通じてマシンの理解を深めたい方
・BASIのコース試験エヴァ対策として
  - 1発合格・期間内で合格したい方
  - 合格に向けて指導方法の指針を得たい方
 
smiley対象者
・マシン資格保有者(流派・指導歴問わず)
・BASIマシンコース生:
 - ティーチングを始めた方(目安・30H以上)
 - エヴァを控えている方はエヴァ当日のモデルの方をお連れしてもOKyesです。
 
mailこのワークショップについての質問はこちらまで:info_bms@zen-jp.info 

現在ご予約可能なワークショップがありません

日程

Michiyo
2007年8月 BASI Comprehensive Pilates Teacher Training Certification
2014年〜 BASI Fuclty (養成コースの講師資格)

私がピラティスを始めたきっかけは、自分自身の身体の不調でした。40歳台後半になろうというある日、突然右股関節が動かなくなりました。それまでフィットネスクラブに勤務して、毎日身体を動かして指導していて、全く不調を感じる事はなかったのに、、、なぜ?とてもショックでした。。。

それで、今までとは違う事をやったほうが良さそうだと考えて、たどり着いたのが、ピラティスでした。15年以上大網に住んでいて、東京まで通うのは大変でしたが、ピラティスのプライベートセッションを受けに月2〜3回通いました。ピラティスを受けると身体が軽くなり、心もうきうきとスキップしたくなる気分でした。ずっとクライアントとして続けたい。と思っていたのですが、気がつけば日本の「BASI Pilatesインストラクター養成コース」の1期生になっていました。

その後、ご縁があって(株)ぜんに入社し、ピラティスインストラクター(WholeBody Educator)として銀座スタジオで働くことになりました。
10年以上社員としてピラティスに関わり、多くのクライアントさんとのプライベートセッション、グループセッションを経験させて頂きました。
80歳代のクライアントさんから、Jリーグの選手まで担当させて頂きました。

多数の海外講師から学ぶチャンスもいただきました。2012年以降は毎年2〜3回アメリカ、イギリスに渡り、ピラティスの本場でのカンファレンスやWSに参加してきました。特に2013年には2ヶ月間、休職してアメリカのBASI本部を始め、ニューヨーク、コロラドなどで複数のマスターティーチャーからたくさんの事を吸収する機会を持てた事は大きな転機でした。

帰国後には、BASIFucltyとして、日本での養成コースの講師を担当できるようになり、より多くの方にピラティスをお伝えできるようになりました。

今、60歳を過ぎて人生で一番身体が軽く動く事を実感しています。

今後も学びを深めながら、私と関わって下さる方にピラティスをお伝えできたらと思っています。


Member Login