講座詳細

《3月》がんサバイバーのためのピラティスワークショップ

  • セルフケア
  • ワークショップ
  • リハビリテーション
  • メデュケーション
  • ピラティス
  • ヨガ

セルフケアのためのピラティス 〜がんサバイバー:がんの診断を受けたすべての人〜

日時:
2019年3月20日(土) 13:00~15:30 受付開始12:30
講師:
Yayoi
善本考香 よしもととしか

がん患者のためのエクササイズ提供と交流会ワークショップ

手術後、治療後、治療中の心と体のケア・身体的な不快の改善の場

 

今回はピラティスの指導者から一つのテーマを掘り下げてエクササイズ提供いたします。ピラティス指導歴7年 ご自身の経験からがんに特化した資格と講座修了を経て乳がん患者へ指導を行っているYayoiさんがリードします。

キャンサーアドバイザーとして特定非営利活動法人 Smile Girls 代表 善本考香さんが参加頂いていますので、がん患者の方にも安心してご参加頂けます。その後、参加者同士の交流と情報交換になる時間があります。


がん患者を支える方、治療後の運動指導に興味のある方

ご家族の方も一緒にご参加下さい。 

 

~ ぜん とSmile Girls の共同開催 ~ 

【がん患者のためのピラティスエクササイズと交流会】  

 

開催日時 2019年3月20日(土) 13:00~15:30

開催会場 BMS R-Lab 2 

 東京都品川区西五反田3-6-20 いちご西五反田ビル9F  

 

《スケジュール》

12:30 受付開始    

13:00 開始 講師や内容を軽く紹介 エクササイズ 交流会

  *途中休憩あり 自由解散も可能

15:30 終了予定  

16:00 会場クローズ  

 

 

【内容】

◾️エクササイズ (45分)担当:Yayoiさん

【セルフケアのためのピラティス】

リハビリ生まれで、学びがあり、心と身体に気持ち良いピラティス。

日々の生活にピラティスを取り入れることで、心身が整い、今見える景色が変わっていきます。

ピラティスとは何?

ガン患者向けピラティスとは何?

という原点と基本のピラティスを学ぶことで、身体の使い方、意識の仕方を深めていきます。

ご自宅でセルフケアを安全に、簡単に取り入れていくHow to付き。

 

◾️善本考香さんを交えた交流会

がん治療にきちんと向き合ってきたサバイバーの善本さんは頼りになるアドバイザー。その著書の「死んでる場合じゃない」が善本さんががんから生還したヒントであり今もがん治療についてリサーチを怠りません。自分が辛い思いをしてきたから大きな心で優しく厳しく皆さんと向き合ってくれるます。相談会ではありません。

交流会はフリートークで交流会として楽しんでください。

 

対象者: 
・がん患者/経験者の方 (がん種、進行度問わず)  
・がん患者/経験者を支えるケアギバー(ご家族、友人、医療従事者など) 


※開放創を持つ方(傷が開いている方)はご参加いただけません。 
※治療中の方は、参加される前に医師にご相談ください。  
※ピラティスのできる楽な服装でお越しください。更衣室もあります。  
※激しい運動ではありません。ご自分のできる範囲で動いて頂きます。  
※マット・プロップスは会場にて無料でご用意しています。  
※お食事はできれば2時間ほど前までにお済ませください。 

 

参加費:2500円   
要事前予約当日支払い

 *体調によりやむなくキャンセルの場合はご連絡をお願い致します。 

  電話:03-6409-6504  

  メール:info_bms@zen-jp.info 

 

★「《3月》がん患者のためのヨガと交流会ワークショップ」はSmile girlsサイトよりお申し込みください。
https://ws.formzu.net/fgen/S23404664/

Smile Girls 問い合わせ先:090-2295-2016

現在ご予約可能なワークショップがありません

日程

    • 日程
    • タイトル
    • 場所
    • 時間
    • 持ち物
    • 料金
Yayoi

BASI Certified Comprehensive Instructor

兵庫県出身。親の海外赴任で幼少期をイタリアミラノで過ごす。
ミラノでバレエ、ピアノ、絵画やデザインに多く触れる日々を過ごし、13歳時に帰国。

多摩美術大学へ進学。卒業後デザイン、企画コンサルティングの仕事につく。
多忙な状態を過ごす中で、自分自身の身体のメンテナンスの必要性を感じ、朝出勤前に出来る運動を探し、ピラティスに出会う。

2011年Pilates Worldに参加。Lotita San Miguel, Amit Younger氏のワークショップを直接受け、益々ピラティスの可能性に惹かれる。

2012年 Basi certified Comprehensive Teacher 資格習得
Basi Japanに入社
2015年2月長女出産のため産休入り。育休を経て2016年4月二子玉川スタジオに復帰。復帰と同時に乳がんが発覚し、2016年7月手術。放射線治療を経て、現在ホルモン治療中。

自身の病気と向き合う中で、ピラティスとマインドフルネス瞑想は、身体のリハビリだけでなく、心の安定に置いても効果を発揮すると実感。
乳がん治療におけるピラティスの研究を行う。
現在もBASIスタジオにて指導を続け身体と心の健康を望む全ての人に、ピラティスを。と望み、日々学びを深めている。

 

善本考香 よしもととしか

特定非営利法人 Smile Girls 代表

https://www.smile-girls.jp/

2011年子宮頸がん告知。手術、抗がん剤治療、放射線治療後 肺や肝臓など全身転移をし数々の治療を経て余命3か月より生還。
現在はNPO法人Smile Girlesの代表として活動中。

ご自身の経験から治療を受ける側、治療する側と人とを繋ぐ事や意識のを変える事、多くの方の相談を受ける事から医師との交流、情報集めなど幅広く積極的に活躍して下さっています。

2016年講談社より好評発売中
著書:このまま死んでる場合じゃない!  がん生存率0%から「治ったわけ」「治せるわけ」


Member Login